Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Recommend
Recommend
図解実務入門 よくわかるビジネス・コーチング入門
図解実務入門 よくわかるビジネス・コーチング入門 (JUGEMレビュー »)
本田 勝嗣, 石川 洋
本書の90%以上を、石川代表が執筆しました。
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
次回のSHRMコンピテンシー研究会は、7月25日19:00 から、新宿住友ビルで開催されます。
0

     

    SHRMコンピテンシー研究会の皆様

    SHRMコンピテンシー研究会に興味をお持ちの皆様

    グローバル展開する成長企業で、経営戦略を担当する方

    グローバルHRプロ認定 SHRM CP/SCPに興味をお待ちの方

     7月からは、いよいよEmployee Engagement and retention に入ります。

    社内の単純な活性化、モチベーションだけでなく、人材の維持・定着が

    一つにまとまり、より充実しました。

     欧米企業では、従来のPerformance Reviewの手法を効果的にすることで、

    EngagementやRetentionを大幅に改善できたという研究報告があります。

    このため、パフォーマンス マネジメントは、2017版のSHRM Learning  

    Systemでは、Employee Engagementの中で、詳しく説明しています。

     最新のパフォーマンス マネジメントでは、人事評価としてより、

    人材の活性化、さらには、人材育成の場として、とらえていることは、

    従来の上から目線の考え方から、社員目線で捉えようとしています。

     SHRM2018 conferenceにてPerformance management that makes a 

    difference, an evidence-based approach by SHRMという資料が発表され、

    無料でpdfファイルが配布されています。

    こちらから、ダウンロード可能ですので、ぜひご覧ください。

     

      ダウンロードには、時間がかりますが、これは、実によくできた資料で、

    皆さんも是非、一度ご覧ください。

     日本では、未だに人事評価とか、人事考課とか言って、上から目線でマネジ

    ャーが行うものだとの感覚が残っていますが、欧米企業では、メンバーの

    成長を目指した支援活動であり、Evidence-basedでマネジャーやリーダーが

    示せないといけないと言っており、結果だけ見て、個人の実績評価をするの

    では、マネジャーとしてやるべきことをしていないと言われています。

     重要な点は、マネジャーや現場リーダーが、効果的にエンゲージメントの

    改善に貢献したのかであり、これは、プロジェクト チーム全体の課題にも

    なります。

     現代では、効果的なエンゲージメント活動がなされているか、社員が

    定着しているのかも含めて、チーム全体で評価される時代なのです。

      従い、SHRM Learning Systemでは、Employee engagement and Retention

    として、一つの括りとして扱われるようになりました。

    グローバル企業では、従来の上から目線の個人評価ではなく、エンゲージメント

    環境がどのレベルなのかをPeople managementの視点で、総合的に判断される時代

    なのです。

      これらを含めて、現代のグローバル人事の考えかたは、従来の日本的人事

    と何が違うのかを学びたい方、グローバルで進められている人事戦略の基本

    から学びたい方、グローバル企業で、非常に重視されるエンゲージメントの

    考え方とその改善方法を学びたい方、今後は、一体何に力を入れるべきなの

    か、再度考えてみたい方は、ぜひ参加ください。

     

     人事部だけでなく、人事戦略を進める経営管理や経営企画の方にも、参考に

    なる情報が多いこともあり、ぜひ参加をお勧めします。

     幅広いグローバル事例や知識を学べる素晴らしい機会になり、視野を広げる

    ことができます。

      次回も、最大20名の会場のため、先着20名様、無料招待とさせて頂きます。

    早めに、事前予約をしてから、お越しください。

    事前に, hiro-i@smartvision.co.jp まで連絡ください。  

     常連の方は、必ず出欠を事前に連絡ください。 

    ------------------------------------------------------------------

    第30回 SHRMコンピテンシー研究会 

    テーマ:Technical Competencyの基本、HR Expertiseを学ぼう!

    ------------------------------------------------------------------

    開催日:2018年7月25日(水)19:00ー21:30

        

    19:00-19:10 初めて参加の方の自己紹介

    19:10-19:30 最近のSHRMコンピテンシー最新動向 JSHRM執行役員 石川 洋

    19:30-20:50 HR Expertise, People domain Part 1 

                (Employee engagement & Retention)

      PwCあらた有限責任監査法人 HR Director SHRM SCP HRプロ 馬場 竜介氏

    20:50-21:30  自由討議と今後の予定

           

      今回の会場:株式会社システムサポート 本社 会議室 「ブルーベリー」

      住所:163-0211新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル11F

              株式会社システムサポート担当)総務人事部 田村 彰浩 氏 

                             

    <注意事項>

    11Fフロアまでお越し頂くと、弊社の入り口があります。

    19時までは玄関口でお待ちしています。

    19時過ぎた場合(もしくは玄関口に居ない場合)は、携帯090-3598-8012

    まで 連絡ください。             

    会費:会場の都合上、20名様まで無料ご招待とさせて頂きますので、早めに

    申し込みください。        

     尚、8月のSHRMコンピテンシー研究会は、8月29日(水)19:00から予定

    しています。

    *********************************************************

    SHRMコンピテンシー研究会 代表世話人

    日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員

    株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋  

      戦略的人財マネジメントセンター、代表

       国際メンタリング&コーチングセンター 代表

    電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931

       会社サイト:http://www.smartvision.co.jp

       研究会ブログ:http://shrmcompetency.lpfrontline.com

    ********************************************************

    posted by: hiroishikawa7 | 第30回SHRMコンピテンシー研究会 | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://shrmcompetency.lpfrontline.com/trackback/155215
    トラックバック