Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Recommend
Recommend
図解実務入門 よくわかるビジネス・コーチング入門
図解実務入門 よくわかるビジネス・コーチング入門 (JUGEMレビュー »)
本田 勝嗣, 石川 洋
本書の90%以上を、石川代表が執筆しました。
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
新しい年の幕開けに相応しい吉報です。今年から、SHRM CP/SCP HRプロ認定が取得しやすくなりました!
0

     

    SHRMコンピテンシー研究会の皆さん

    グローバルHRプロを目指す方、

    これから人事のプロとして、広く世界で活躍したいと思っている方に!

     

     明けましておめでとうございます。

     昨年の米国の大統領選挙にて示された新しい動きは、既成の政治家には、

    余り期待できないこともあり、何か新しい変化が期待できそうな新しいタイプ

    の人材を求めています。

     多少の問題発言をしてでも、現在の流れを変えてくれる「何か」が期待

    できる、従来の殻にこだわらない人財が求められています。

     この傾向は、政治の世界だけでなく、企業においても、同様です。

     このような新タイプの人財が社長になったら、会社の流れが変るのではないか

    と言うことで、将来性を感じさせる若手経営幹部が増えることになります。

     しかし、新しいタイプの経営幹部が増えれば、社内の企業風土は変わるので

    しょうか?

     例えば、電通で不祥事の件で、社長が引責辞任しましたが、社長が変わる

    だけで、従来の企業風土がすぐ変わるでしょうか?

     現実は、社長一人変わっても、従来の企業風土がすぐに変わるものでは

    ありません。

     企業風土を根本的に変えるには、新しいタイプのグローバルな意識を

    持ったHRプロが育ち、新しいタイプの経営陣とタイアップしてこそ、

    徐々に企業風土改革が進むのです。

     米国では、企業の意識改革の中核になる新しいタイプのHRプロの養成が

    急速に進んでいます。

     その中心になっているのが、人材マネジメント協会SHRMが推進する新たな

    HRプロとしてのSHRM CP/SCP認定プロジェクトであり、このプロジェクトに

    より、既に約10万名の新タイプのHRプロが生まれました。

     従来は、SPHR,GPHRと言われるHRプロ認定がありましたが、知識中心の認定

    のため、企業の意識改革プロジェクトの推進は限界があると判断し、長年の調査

    と検討の結果、新たなタイプのHRプロに必要なSHRMコンピテンシーを発表し、

    それに基づく、新しいタイプのHRプロの認定試験をSHRM自らが始めました。

     2015年に開始したこのプロジェクトでは、既に約10万人のHRプロが米国を

    中心に生まれましたが、日本人の合格者はわずか1名しかいません。

     果たして、これで良いのでしょうか???

     この原因は、知識不足や、英語慣れしてないと言うだけでなく、従来のやり方

    では、色々の制約があるからなのです。

     例えば、従来のSCP認定試験では、220分で180問の英語の設問に回答する

    ことを求め、結構、結構長めの事例説明に対して、皆さんなら、どう対処するか

    の設問に答えさせるタイプであり、英語での即解力が求められます。

     この認定試験で求められる即解力は、英語を母国語とする米国人や米国や

    英国留学生に、有利な内容でしたが、今年2017年からは、設問数を160問に

    減らし、回答時間を20分延長することになりました。

     これにより、英語を母国語としない日本人でも少し努力すれば、回答できる

    レベルになり、門戸が開かれることになりました

     また、このSHRMの認定では、知識や即解力だけでなく、SHRMの基本

    方針を理解して、行動できるかに力点を置きます。

     SHRMコンピテンシー研究会では、「何がSHRM的な考え方なのか」

    に関する学習に力を入れています。

     一人でオンライン アセスメント学習をしていても、成長や理解の限界があり、

    相当部分は、経験者から得られる「知恵」が役に立つのです。

     これらを含めて、是非学びたいとお考えの方は、是非、SHRMコンピテン

    シー研究会に参加下さい。

     色々のノウハウを学ぶことができますので、この考え方を身につけて、オン

    ライン アセスメントに体験してから、実際にテストに挑戦することで道は

    開かれます。

     SHRM CP/SCP認定を取得して、職場で注目され、期待される存在に

    なりたい方は、SHRM CP/SCP HRプロ認定を取得して、将来の挑戦の機会を

    広げようではありませんか

     

    第13回SHRMコンピテンシー研究会

    SHRM SCP HRプロ認定 合格ためのPreferred講座 その3

    ===================================================================

    開催予定:2017年1月14日(土)15:00−18:00

     

    15:00-15:20  初めて参加の方の紹介

    15:20-15:50   SHRM CP/SCP 受験体験報告

    15:50-16:40  SHRM 2016 Learning System、これだけは、知っておきたいこと

           これは、知ってて良かった! その3 Workforce management

           年末に挑戦される方、必見です! 

           報告者: JSHRM 執行役員 石川 洋

    16:50-17:50   SHRM SCP HRプロ認定 Preferred講座

            第3弾:Workforce Management    

           報告者: SHRM SCP HRプロ 松下 尚史 氏

    17:50-18:00  次回の研究会

    18:30-       新年会(自由ヶ丘駅付近)

     

    第14回SHRMコンピテンシー研究会 

    開催予定:2017年2月25日(土)15:00−18:00

      テーマ:Talent Acquisition & Retention

    第15回SHRMコンピテンシー研究会

    開催予定:2017年3月11日(土)15:00−18:00

      テーマ:Employee Engagement

     

    会    場: 株式会社スマートビジョン2階セミナー室

    会場住所:〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7ー48ー11

    アクセス:東急東横線、大井町線、自由が丘駅 徒歩10分 

         東急大井町線 九品仏駅 徒歩7分 世田谷区立八幡中学正門前

         自由が丘駅から、駒沢公園行き東急コーチで1駅目下車、八幡中学

         正門前まで徒歩2分です。向かって右側の会社玄関のインターフォン

         を使って、呼び出しください。

         緊急時には、こちらにTEL:03-6432-2985

         http://www.mapion.co.jp/address/13112/8:7:48:9/

     

    会費: JSHRM会員 1,000円 お試し参加:2,000

       尚、JSHRM会員が原則ですが、最初の1回のみ、お試し参加もできます。

       参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp

       FAX 03-5858-6931まで連絡下さい。

    ******************************************************************

    日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員

    戦略的人材マネジメント研究会、

    SHRMコンピテンシー研究会 代表世話人

    アジア生産性機構APO チーフ・エキスパート

    国際メンタリング&コーチングセンター 代表

    株式会社スマートビジョン 代表取締役       石 川  洋

    電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931

    会社サイト:http://www.smartvision.co.jp

    研究会ブログ:http://shrmcompetency.lpfrontline.com

    *************************************

    posted by: hiroishikawa7 | 第13回SHRMコンピテンシー研究会 | 10:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://shrmcompetency.lpfrontline.com/trackback/155203
    トラックバック