Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
Recommend
Recommend
図解実務入門 よくわかるビジネス・コーチング入門
図解実務入門 よくわかるビジネス・コーチング入門 (JUGEMレビュー »)
本田 勝嗣, 石川 洋
本書の90%以上を、石川代表が執筆しました。
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
第6回及び第7回 SHRMコンテンシー研究会開催案内 7月の本番テスト直前です。かけこみ準備は進んでますか?
0

    SHRMコンピテンシー研究会の皆様、
    及びSHRMコンピテンシー研究会に興味をお持ちの方へ
     
      SHRM 2016 Learning システムを新たに購入し、Online assessment 2016
    使っています。
      新たに追加された500題の設問が、どんな問題なのか、興味あったからです。
      2015版と2016版のSHRM Learning Systemを比較すると次の点が挙げられます。
     
    1.  Online assessment 2016の設問は、500問追加。
     知識の設問の追加は少なく、その殆どが、Situational Judgement test(SJT)が
     よい充実しました。
      SCP2015版のSJTモジュールは、たった15問でしたが、2016版では、なんと
     215問もあります。
     CP用/SCP用を合わせると何と500問に近づくので、その大半がSJTだと言えます。
    2.テキスト部分は、多少の見直し程度。
     SHRM 2016 Learning System のテキストのページ数は、多少減少している程度です
     が、SHRM competency本が厚くなり、Strategy本から、リーダーシップ等の記載が
     移動しています。2015版の誤植が修正されています。
    3.ビジュアルでの音声つき解説が追加され、参考文献も見直しされています。
      ただし、2015版資料の追加は、一件のみ。
    4.ebook版が前回同様についており、Index部分もpdfファイルで入手できるように
      なりました。
     
     なお、今回発表されたSJT500問の他に、テスト用のSJTは、別途準備されている
    様で、Online assessmentの設問がそのまま本番のテストで出題される訳ではありません。
     従い、実際のテストに予定されている設問は、今回の2016版の中には、含まれてい
    せんが、類似設問が沢山ありますので、大変良い練習にはなります。
     よく考えてみれば、どの認定試験でも、出題される問題そのものをリークすること
    ないのが大原則で、出題される問題は、すでに発表されているものの変形版、
    応用
    問題となります。
     これらの設問すべてをより効率的に事前学習することで、合格への近道になります。
     次回の研究会では、私がすでに行った2016版Online assessmentの履修状況をご覧
    入れて、皆さんの参考にして下さい。
     
     ただし、Online assessment 2015版を修了して、Certificate of Achievementを入
    してから、次のステップとして、Online assessment 2016を開始してください。
     尚、知識の設問は、2015版の復習であり、追加されたSJT設問モジュールが非常に
     役立つ演習になります。従い、SCP受験者には、大変役立ちます
     7月のテストに挑戦を予定している方は、是非挑戦してみて下さい。
     
     7月受験の方には、最後の追い込みを支援をするために、5月28日と6月4日に、
    2週連続して行います。
     また、これから挑戦してみたいとお考えの方にも、皆さんの学習状況、意気込みを
    感じることで、これからの取り組み方を考えるためにも大変参考になります。
     最新のグローバル人財マネジメントの真髄を学びたい方の参加をお待ちしております。
     
    第6回SHRMコンピテンシー研究会   本番直前かけこみ研究会
    グローバルHRプロ必須のSHRMコンピテンシーの学び方、事例演習を体験

    ==================================================================
    開催日時:2016年 5月28日(土)15:00ー18:00
    15:00-15:20  SHRMコンピテンシー研究会:初参加の方のみ、自己紹介
    15:20-16:00  Online assessment of SHRM 2016 Learning Systemの使用記
                 ケース:賃金体系の見直し(1−4−1C
              報告者:SHRMコンピテンシー研究会、代表世話人 石川 洋
    16:10-17:00  ケース:効果的なエンゲージメントを目指して(1ー2ー3)
             報告者:日本IBM株式会社、人事ファンデーション
                 シニアHRプロフェショナル  松下 尚史 氏
    17:10-17:50   ディスカッション タイム
    17:50-18:00   次回の発表者に関して
     
    第7回SHRMコンピテンシー研究会   効果的なベネフィット プランを目指して
    グローバルHRプロ必須のSHRMコンピテンシーの学び方、事例演習を体験==========================================
    開催日時:2016年 6月4日(土)15:00ー18:00
    15:00-15:20  SHRMコンピテンシー研究会:初参加の方のみ、自己紹介
    15:20-16:00  ケース:ベネフィット プランの見直し(1−12−1C
         報告者:SHRMコンピテンシー研究会、代表世話人 石川 洋
    16:10-17:00  ケース:独多国籍企業の米国支社(1−4−2)
             報告者:日立インフォメーションアカデミー  川端 伸和 氏
    17:10-17:50   ディスカッション タイム
    17:50-18:00   次回の発表者に関して
     
    会    場: 螢好沺璽肇咼献腑麕楴辧2階セミナー会場
    会場住所:〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7ー48ー11
    アクセス:東急東横線、大井町線、自由が丘駅 徒歩10分 
        東急大井町線 九品仏駅 徒歩7分 世田谷区立八幡中学正門前
        自由が丘駅から、駒沢公園行き東急コーチで1駅目下車、八幡中学
        正門前まで徒歩2分です。向かって右側の会社玄関のインターフォン
        を使って、呼び出しください。
        緊急時には、こちらにTEL:03-6432-2985
         http://www.mapion.co.jp/address/13112/8:7:48:9/
     
    会費: JSHRM会員 1,000円 お試し参加:2,000
       尚、JSHRM会員が原則ですが、最初の1回のみ、お試しでの参加もできます。
       参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp 
      FAX 03-5858-6931まで連絡下さい。
    ***************************************************************
    日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員
    戦略的人材マネジメント研究会、
    SHRMコンピテンシー研究会 代表世話人
    アジア生産性機構APO チーフ・エキスパート
    国際メンタリング&コーチングセンター 代表
    株式会社スマートビジョン 代表取締役       石 川  洋
    電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931
    会社サイト:http://www.smartvision.co.jp
    研究会ブログ:http://shrmcompetency.lpfrontline.com
    ***************************************************************
    posted by: hiroishikawa7 | 第6回SHRMコンピテンシー研究会 | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://shrmcompetency.lpfrontline.com/trackback/155194
    トラックバック