Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Recommend
Recommend
図解実務入門 よくわかるビジネス・コーチング入門
図解実務入門 よくわかるビジネス・コーチング入門 (JUGEMレビュー »)
本田 勝嗣, 石川 洋
本書の90%以上を、石川代表が執筆しました。
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
今週土曜日12月12日に第1回SHRMコンテンシー研究会に開催します。グローバルHRプロを目指す皆さんを支援する研究会が始まります。
0
    SHRMコンピテンシー研究会の皆様
    及びSHRMコンピテンシー研究会に興味をお持ちの方
     
     SHRMコンピテンシーは、「HRプロ用のコンピテンシーだ」と言われますが、
    その中身を検討してみると、従来、日本企業の人事総務で行なわれている
    戦術的業務(当面のニーズに応える業務)だけでなく、経営幹部、経営企画、
    情報処理部門、財務部門、広報部門、各事業部の関係者、社内外の幅広い
    ステークホールダーに対して、戦略的タスクを全社的に実践し、彼らの行う
    べきことを理解して、適切な提案を行い、時には、実行チームの一員として、
    活動出来るかどうかの決め手となる役立つコンピテンシーを学ぶ場になります。
     
     その多く事例は、成長戦略であり、そのほとんどは、グローバル戦略を
    どのように展開するべきなのかの効果的な人材マネジメント手法が中心になり
    ます。
     単純な支店の開設、駐在者の派遣、更には、従来型の企業文化を各販社に
    押し付けただけでよいのかです。
     M&Aの場合には、更に状況が複雑になり、企業文化の違い、価値観の違いに
    より、優秀人材が、離散しかねない危機をどう乗り切るのかがHRに期待される
    重要な課題です。
     これらを、戦略的ビジネス・パートナー(SBP)として、更には、HR manager
    HR Directorの立場で、どうアプローチすべきなのかが問われています。
     SHRMHRプロの認定資格の受験資格として、一定レベルの実践体験は求め
    られますが、必ずしも、HR Managerと、HR Directorでの実践体験を問われて
    いる訳ではありません。将来、グローバル人材マネジメントを指揮する立場
    を目指している方は、どなたでも、このHRプロ認定に挑戦することができます
     もし、最新かつ最も影響力のあるHRプロ認であるSHRM CP/SCPを取得できれ
    ば、欧米企業でのHR Manager, HR DirectorVP of HRへの最有力候補になり
    ますので、社内でも、就職面でも、新しい挑戦の機会を期待できる、非常に
    有利な立場にたてます。
     その実現に不可欠なのが、SHRMコンピテンシーの習得です。
     
     また、最新版のSHRMコンピテンシーで与えられるケースのほとんどは、
    現代の世相を反映した現実的なテーマが中心なります。
     最新のグローバル人材マネジメントの導入の核となる、タレント・マネジ
    メント、パフォーマンス・マネジメント、ダイバーシティに向けた全社的な
    意識改革グローバルな成長戦略の実践で必要なMA、企業風土改革、
    Corporate Social Responsibility(CSR) and Sustainability、リスクマネジ

    メント、新技術の導入等の新しい取組を成功に導くため、具体的事例で、
    実践的に学べる内容になっています。
     
     一番ホットなテーマとして、M&Aに伴うリストラをどう切り抜けるかであり、
    海外企業を買収したものの、グローバルな企業風土、仕事の進め方の違い、
    価値観の違いをどう乗り越えて、全社的に調整し、各部署から、感謝される
    存在になれるかどうかです。
     その中には、テロ対策あり、同性婚に対する対策も含まれます。
     
     これらのテーマに関して、人それぞれの考え方があり、行動の優先順位も
    違うのが普通ですが、その背景には色々な予想される状況があるもので、それ
    を充分理解した上で、どう行動するのか、或いは、従来のやり方で、闇雲に
    行動するのかで、必然的に結果が異なります。
     皆さんは、これらを熟知した上で、将来、起こりうる挑戦の機会では、
    最適の判断と実践をしようではありませんか!
     
     私も、SHRM CP/SCPが提供するオンライン アセスメントを自ら、試して
    おり、従来気づいていなかった点も、多く見えて来ました。
     皆さんも、SHRMコンピテンシー研究会に参加して、多くの方との議論に
    参加して、色々な気づきを得て下さい。
     それらを参考しながら、これからの自分の取るべき道を考えてください。
     「正解は、一つだけではない」のです。
     
     SHRMコンピテンシー研究会では、現在、会員を募集中です。
     次回のSHRMコンピテンシー研究会へのお試し参加も可能ですので、
    どんな状況を様子見たい方も、12月12日の研究会に参加下さい。
     
     きっと、多くの気づきを得られることでしょう。
     将来、グローバル人材マネジメントの要点をSHRMコンピテンシーとして、
    体得して、新たな成長戦略に、挑戦してみてください。
     
    第1回SHRMコンピテンシー研究会
    未来の可能性を切り拓くSHRMコンピテンシーの学び方、事例演習を体験しよう
    =====================================================================
    開催日時:2015年12月12日(土)15:00-18:00 
     
    15:00-15:30  SHRMコンピテンシー研究会:初参加の方のみ、自己紹介
    15:30-16:00   未来の可能性を切り拓くSHRMコンピテンシーで、何が変わるのか? 
         「夢の実現に近づくための先行投資、SHRMコンピテンシー活用法
          報告者:SHRMコンピテンシー研究会、代表世話人 石川 洋
    16:10-17:10  「SHRMコンピテンシーの学び方と実践体験談、事例演習
               報告者:コカ・コーラジャパン シニアSBP
           Mr. Roy Thorson SHRM SCP title Holder
    17:10-17:50   ディスカッション タイム
    17:50-18:00   次回の発表者に関して
     
    会    場: 螢好沺璽肇咼献腑麕楴辧2階セミナー会場
    会場住所:〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7-48-11
    アクセス:東急東横線、大井町線、自由が丘駅 徒歩10分 
         東急大井町線 九品仏駅 徒歩7分 世田谷区立八幡中学正門前
         自由が丘駅から、駒沢公園行き東急コーチで2駅目下車、八幡中学正門
              前まで徒歩2分です。
              向かって右側の会社玄関のインターフォンを使って、呼び出しください。
         緊急時には、こちらにTEL03-6432-2985
         http://www.mapion.co.jp/address/13112/8:7:48:9/
     
    会費: JSHRM会員 1,000円 お試し参加:2,000
       尚、JSHRM会員が原則ですが、最初の1回のみ、お試しでの参加もできます。
       参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp 
          FAX 03-5858-6931まで連絡下さい。
    ******************************************************
    日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員
    戦略的人材マネジメント研究会、SHRMコンピテンシー研究会
     代表世話人

    アジア生産性機構APO チーフ・エキスパート
    国際メンタリング&コーチングセンター 代表
    株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋
    電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931
    会社サイト:http://www.smartvision.co.jp
    研究会ブログ:http://shrmcompetency.lpfrontline.com
    ******************************************************
    posted by: hiroishikawa7 | 第1回SHRMコンピテンシー研究会開催案内 | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://shrmcompetency.lpfrontline.com/trackback/155186
    トラックバック