Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Recommend
Recommend
図解実務入門 よくわかるビジネス・コーチング入門
図解実務入門 よくわかるビジネス・コーチング入門 (JUGEMレビュー »)
本田 勝嗣, 石川 洋
本書の90%以上を、石川代表が執筆しました。
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
第1回SHRMコンテンシー研究会 開催案内 SHRMコンピテンシーの重要性とその学び方、事例演習
0

    SHRMコンピテンシー研究会の皆様
    及びSHRMコンピテンシー研究会に興味をお持ちの方へ
     
     10月10日(土)にSHRMコンピテンシー研究会の説明会を開催しました。
    話を聞いていくと、少し考えてからにしますという方が結構見られますが、
    これからは、HRプロを目指す方には、避けては通れない道です。
     2010年ころから、米国の有名大学・大学院では、HR課程が新設されまし
    たが、この卒業とは別に、SHRMーCPSCP HRプロ認定を目指す人が増えてい
    ます。
     SHRMのHRプロ認定では、人材マネジメント関連の最新知識SHRMコンピテン
    シーだけでなく、実務経験を重視しています。HR課程とNonHR課程、更には、
    普通の大学卒業と修士課程卒業では、最低限必要とされる実務経験は異なります。
     日本では、HR課程をもつ大学は見当たりませんので、SHRMSCPには、NonHR
    課程の大学卒で5年、NonーHR課程の修士卒で、4年の実務体験が求められます。
     SHRMーSCPでは、エントリーレベル、中間レベル、シニアレベル、更には幹部
    レベルのSHRMコンピテンシーが求められますが、実際に幹部レベルの実務経験を
    求められる訳ではではありません。
     これからは、SHRMーSCPのHRプロ認定を得て、自ら実践できるタレントには、
    CHROへの道が開かれることになります。
     日本の多く社員は、「現場リーダーやマネジャーに実際になれと言われたら、
    どうすべきかを考える」という人が結構多いと言えます。そういう機会に恵まれ
    様に、上司に従順に、かつ辛抱強く待っているのです。
     年功序列の時代には、この考え方は、当然の考えがあったかもしれませんが、
    現在も同じでしょうか?
     現実は、欧米企業での登用では、現場リーダーとして、或いはマネジャーと
    してやっていけそうな、既にリーダーらしく振舞っている人材を探して、
    決めているのであり、HRプロに関しては、4つのレベルのSHRMコンピテンシー
    を理解して、現実に実践している人の中から選んでいるのが普通です。
     一体、目指すべきコンピテンシーとして、何が求められているのかを早めに
    理解し、それを実践しているかが問われているのです。

     SHRM CP/SCP HRプロ認定を目指し、意欲的にHRプロとしてのあるべき姿
    (SHRMコンピテンシー)を追求しながら行動しているか、更には、そのタイトル
    を取得できたかどうかも、一つの重要な判断基準として、HRマネジャーや
    CHROを選定する時代になったのです。

     もし、SHRMーSCP取得の先達になる人が良いお手本を示してくれれば、SHRM
    SCP認定は、良い判断基準として定着するでしょうし、そうでなければ、従来の
    HRCIが認定しているSPHR,GPHR等と余り変わらないと言われることになります。
     
     一方、日本の国家資格である社会保険労務士は、日本の法律をきちんと理解し、
    各種の公的申請業務をキチンと進めるお手伝いすることを求められており、
    この資格を持っていれば、グローバル企業で求められている一般的な人材マネジ
    メントの素養や、その実践に必要なコンピテンシーが備わっているということ
    にはなりません。
     グローバル・ビジネスでの人材マネジメントのHRプロを目指すには、グロー
    バル人材マネジメントの基礎知識と共に、SHRMコンピテンシーが求められる
    ことになります。
     本SHRMコンピテンシー研究会に興味をお持ちの方は、11月7日(土)
    15:00から、本社セミナー会場にて、事前説明会(参加費無料)を行い
    ますで、参加ください。
     現在、SHRMコンピテンシー研究会会員の二次募集中です。
     申し込みは、直接、研究会世話人(hiro-i@smartvision.co.jp) にどうぞ。
     
     皆さんがお持ちのご質問、及び SHRMコンピテンシー研究会に参加して、
    効果的に学習するために必須な事前準備に関して、詳しく説明させて頂きます。
     
     次回のSHRMコンピテンシー-研究会でも活発なディスカッションをするため
    にも、SHRM2015 Learning Systemを事前に購入して、事前準備してから、
    参加ください。購入サイトは、こちら
     
     この教材は、最新のグローバル人材マネジメントに関する最新知識をまとめた
    教材であり、この教材の購入者は、オンサイトのサポートサービスがあり、その
    中で、トライアル テストの1000問程度の演習が使用可能になります。
     この情報を必要に応じて、JPEG等に記録して、SHRMコンピテンシーの演習教材
    として使用することができます。紙媒体でのSHRMコンピテンシーの解説本は、
    まだ発売されていません。
     
     尚、SHRMとJSHRMとは、全くの別団体であり、SHRM会員(年間$95)になると、
    各種の役立つ人材マネジメント関連情報の無料ダウンロードや各種SHRMコンファ
    レンス、SHRM SCPHRプロ認定試験料等の特別割引制度がありますので、この機会
    にSHRM会員になることをおすすめします。
     
     多くの方の参加と活発なご意見を期待しております。
     
    第1回SHRMコンピテンシー研究会 
    SHRMコンピテンシーの重要性とその学び方、事例演習の体験
    =====================================================================
    開催日時:2015年12月12日(土)15:00−18:00 
     
    15:00-15:30  SHRMコンピテンシー研究会:初参加の方のみ、自己紹介
    15:30-16:00   SHRMコンピテンシーの重要性と導入の背景に関する最新動向
           「4つのレベルのHR業務に求められるSHRMコンピテンシーを
            実践しているタレントがCHROに選ばれる時代!」

          報告者:SHRMコンピテンシー研究会、代表世話人 石川 洋
    16:10-17:10  「SHRMコンピテンシーの学び方と実践体験談、事例演習
               報告者:コカ・コーラ ジャパン シニアSBP
              Mr. Roy Thorson SHRM SCP title Holder
    17:10-17:50   ディスカッション タイム
    17:50-18:00   次回の発表者に関して
     
    会    場: 螢好沺璽肇咼献腑麕楴辧2階セミナー会場
    会場住所:〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7−48−11
    アクセス:東急東横線、大井町線、自由が丘駅 徒歩10分 
         東急大井町線 九品仏駅 徒歩7分 世田谷区立八幡中学正門前
         自由が丘駅から、駒沢公園行き東急コーチで2駅目下車、八幡中学正門
              前まで徒歩2分です。
              向かって右側の会社玄関のインターフォンを使って、呼び出しください。
         緊急時には、こちらにTEL:03-6432-2985
         http://www.mapion.co.jp/address/13112/8:7:48:9/
     
    会費: JSHRM会員 1,000円 お試し参加:2,000
       尚、JSHRM会員が原則ですが、最初の1回のみ、お試しでの参加もできます。
       参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp 
          FAX 03-5858-6931まで連絡下さい。
    ******************************************************
    日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員
    SHRMコンピテンシー研究会 代表世話人
    国際法人 アジア生産性機構APO チーフ・エキスパート
    国際メンタリング&コーチングセンター 代表
    株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋
    電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931
    会社サイト:http://www.smartvision.co.jp
    研究会ブログ:http://shrmcompetency.lpfrontline.com
    ******************************************************
     
     
    posted by: hiroishikawa7 | 第1回SHRMコンピテンシー研究会開催案内 | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://shrmcompetency.lpfrontline.com/trackback/155183
    トラックバック