Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Recommend
Recommend
図解実務入門 よくわかるビジネス・コーチング入門
図解実務入門 よくわかるビジネス・コーチング入門 (JUGEMレビュー »)
本田 勝嗣, 石川 洋
本書の90%以上を、石川代表が執筆しました。
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
次回のSHRMコンピテンシー研究会は、3月20日に、平河町の日本生産性本部で開催します。
0

    JUGEMテーマ:人事プロ(HR Professional)

     

    SHRMの標準テキストの日本語・英語併記の教材で学ぶ

    グローバル人材マネジメント 
    ----------------------------------------------------------------------

    SHRMコンピテンシー研究会 2019年3−5月開催案内のお知らせ
    進化した新しいSHRMコンピテンシー研究会は、今週開催します。

    ----------------------------------------------------------------------

     

      3−5月は、HRプロが、より戦略的施策として、全社的に推進することで、

    自らの存在感を高められるテーマを取り上げます。

      皆さんなら、どう進めますか?
    たくさんの事例を参考に、皆さんの会社なら、どんなやり方進めるか、

    そのイメージが湧いてくると良いですね。
    新人の方にも、人事の仕事とは、こんなに面白いのかを思われる内容に

    なるように配慮して、大変わかりやすい資料を作成しておりますので、

    気楽に参加頂けると幸いです。

     

    ◆開催日: 3月開催:2019/3/20(水) 19:00-21:30
                 4月開催:2019/4/17(水) 19:00-21:30

                 5月開催:2019/5/22(水) 19:00-21:30
     

    ◆テーマ:グローバル人材マネジメントのグローバル標準になった、
                   SHRMコンピテンシーを一緒に学ぼう!


                3月テーマ:Risk Management
                4月テーマ:Corporate Social Responsibility
                5月テーマ:Leadership and Navigation

     

      3月は、リスク マネジメントです。

     リスクというと、自然災害や、健康や職場安全策をとるための施策だと、とられ
    がちですが、HRでのリスクとは、採用が遅れて、空席が続いた時のリスクであり、

    離職者が続いて、モラルが低下している状況をどう改善するべきか、マネジャー
    の説明責任
    がなく、不満が溜まったり、質の高い仕事しても、それを認めてもらい
    ない状態が続くと、どんなリスクがあるかという点が重要になります。
     リスク管理には、ISO、COSO等々、リスク管理、リスクの削減、予防措置を
    どうすべきかの規則、コンプライアンス等は、たくさんありますが、これらをどう
    理解し、信用を得るためのツールとして活用して行けるのがポイントになります。

     従来、リスクには、ネガティブなイメージが強いですが、今後は、これを逆手

    に、勝機に結びつけられるかが鍵になり、戦略の柱として、取り込んでいる企業

    が急成長しています。ここまで出来れば、全社員を対象にしたマーケティング
    戦略の一貫になります。しかし、それだけにやりがいがあります。

     間違いがあったら、罰点がつくようなやり方ではなく、社員全員が、これを

    機会に、絶好のチャンスをつかもうと思えるようにするのが、今後のHRの重要な
    役割になります。

     プラス志向のリスク マネジメントの進め方を皆さんと考えたいと思います。

    現在のグローバルHRプロには、そのような考え方が、求められています。

     

    4月は、CSRをテーマになります。
    米国では、アルバイト等の単純労働はキャリアになりにくいですが、

    ボランティアの経験は、重要なキャリアとして、重視します。

    米国企業では、CSR活動に参加する社員には、PTO(paid Time Off)という

    制度があり、残業手当がつくだけでなく、地域社会から感謝され会社の

    知名度があがることから、一挙3得の運動になり、参加希望者が急速に増加

    しています。単純な寄付活動より、効果的です。

    もし、実際に注文に結びつけられれば一挙4得の最高の手段にもなります。

    日本では、自然災害が多い国柄、CSR活動を活発にすれば、社員も喜び、

    地域社会も喜び、会社のブランドが上がることになります。

    この仕組みをつくるのも、HRプロの重要な役割になります。

    4月には、この取り組みを考えてみたいと思います。

     

      わかりやすい資料をベースに、いつでも遠慮なく、質問や意見を歓迎します。

    双方向の和やかな雰囲気で進められますので、ご協力お願いします。

    今年から、毎月第3水曜日に、平河町の日本生産性本部で開催します。会

     お試し会員の方も、大歓迎しますので、奮って参加ください。

     

     ◆参加費:JSHRM会員・お試し会員共に1000円、一般参加者:2000円

                      会場の関係上、先着10名様、

       新規入会者募集中です。入会の良い機会ですので、気軽に参加ください。

     ◆会場:日本生産性本部 一階  第1グループ室    (3月20日)

                       第2グループ室    (4月17日)

                                                   第2グループ室    (5月22日)

      住所:〒102-8643 東京都千代田区平河町2丁目13−12

          交通:東京メトロ 有楽町線・南北線・半蔵門線 永田町駅 4番出口 徒歩4分

       
    まだ、返事を頂いてない方は、お手数ではありますが、 折り返し、参加可否

    お知らせください。 

    *********************************************************

    日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員
    SHRMコンピテンシー研究会 代表世話人
    戦略的人材マネジメント研究会 代表世話人
    戦略的人財マネジメントセンター 代表
    株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋
    電話:午前03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931
       午後03-6432-2985,  Fax:03-6432-2986

    会社サイト:http://www.smartvision.co.jp
    研究会ブログ:http://workshop.lpfrontline.com
    ********************************************************

     

    posted by: hiroishikawa7 | 第38回SHRMコンピテンシー研究会開催案内 | 14:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |