Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Recommend
Recommend
図解実務入門 よくわかるビジネス・コーチング入門
図解実務入門 よくわかるビジネス・コーチング入門 (JUGEMレビュー »)
本田 勝嗣, 石川 洋
本書の90%以上を、石川代表が執筆しました。
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
第14-18回 SHRMコンピテンシー研究会 グローバルHRプロを目指す方、他の仲間と協力して、道を切り開こうではありませんか!
0

    JUGEMテーマ:人事プロ(HR Professional)

     

    SHRMコンピテンシー研究会の皆さん

    グローバルHRプロを目指す方、

    これから人事のプロとして、広く世界で活躍したいと思っている方に!

     

     1月14日のSHRMコンピテンシー研究会の終了後、新年会を自由が丘駅近くの

    炉端と和食の「土風炉」(自由が丘店)にて行いました。

     新規参加予定者も含め、6名の参加され、色々な苦労話などもでて、大変楽しい

    ひとときでした。

     

     子育ても一段落したので、これから新しい挑戦に挑んでみたいと言う方も

    おり、人生色々です。

     そういう私も、還暦を遥かに超えた年ながら、グローバルHRプロに挑戦して

    ますので、同じ様なものですが。

     欧米諸国では、ミレニアル世代(22〜37歳)の社員にどう対応したら良い

    かが、大きな課題になっています。このような時程、グローバル企業での課題

    を知り、会員の皆さんと話しをする機会は、大変貴重になります。

     また、ダイバシティー(多様性)の問題にしても、欧米企業では、これをどう

    克服しようと真剣に考えている所や、テロ対策を理由に、自国中心的な発想が

    当然のこととして語られ、差別的発想の人が増えているのも、現実です。

     その端的な現象が、毎日の様に、注目を集めるトランプ現象の中に、垣間みる

    ことができます。

     このような問題が表面化する時代ですから、これにどう対処するべきか、

    グローバルHRプロの必要性が一層高まります。

     如何にして、テロから、自分の身を守るためという理由で、自国優先的な発想

    が高まり、排外的な対策がまかり通ろうしています。

     現実は、外から来た移民がテロを起こすより、自国内で育った不満分子が、

    テロ化しているのです。

     だからこそ、社会や組織内での文化の融合を実現するリーダーとしての、

    グローバルHRプロの存在は、欧米社会や欧米企業、更には、日本のグローバル

    企業でも、一層その必要性が高まります。

     米国では、すでに、約10万名のグローバルHRプロが認定されており、

    この輪を広くグローバル世界やグローバル企業にも広げようとしています。

     そのためのHRプロ認定の合格基準の改訂が、次回の5月以降のHRプロ認定

    から、実施されることになりました。海外からの挑戦者も、合格し易くなる

    配慮がなされました。

     日本からの合格者は、まだ少ないこともあり、皆さんが合格すれば、グロー

    バル世界、グローバル企業からも注目されることになります。

     そのためには、何も、欧米の大学に留学する必要もありません。

     ここ東京でグローバルHRプロの認定試験に挑戦できます。

     SHRMで考えている基本的概念を理解し、最新の手法を身につければ、到達可能

    です。

     ただ、一人でオンライン アセスメント学習をしていても、成長や理解の限界

    があり、相当部分は、経験者から得られる「知恵」が役に立つのです。

     

     皆さんも、SHRMコンピテンシー研究会の仲間と協力して、学んでいこうでは

    ありませんか!

     最初は、一見とっつき難い点もありますが、他の方の成長する姿を見ていく

    ことで、少し頑張れば、追いつき、追い越せるものだと感じる様になります。

     

     少し、皆さんが学習している所を見て見たいと思う方、是非、SHRMコン

    ピテンシー研究会に参加下さい。

     色々のノウハウを学ぶことができますので、この考え方を身につけて、オン

    ライン アセスメントに体験してから、実際にテストに挑戦することで道は

    開かれます。

     SHRM CP/SCP認定を取得して、職場で注目され、期待される存在に

    なりたい方は、SHRM CP/SCP HRプロ認定を取得して、将来の挑戦の機会を

    広げようではありませんか!

     

    第14回SHRMコンピテンシー研究会

    SHRM SCP HRプロ認定 合格ためのPreferred講座 その4

    ===================================================================

    開催予定:2017年2月25日(土)15:00−18:00

     

    15:00-15:20  初めて参加の方の紹介

    15:20-15:50   SHRM CP/SCP 受験体験報告

    15:50-16:40  SHRM 2017 Learning System、これだけは、知っておきたいこと

           その4 Talent Acquisition & Retention

           年末に挑戦される方、必見です! 

           報告者: JSHRM 執行役員 石川 洋

    16:50-17:50   SHRM SCP HRプロ認定 Preferred講座

            第4弾:Talent Acquisition & Retention    

           報告者: SHRM SCP HRプロ 松下 尚史 氏

    17:50-18:00  次回の研究会

     

    第15回SHRMコンピテンシー研究会

    開催予定:2017年3月11日(土)15:00−18:00

      テーマ:Employee Engagement

    第16回SHRMコンピテンシー研究会

    開催予定:2017年4月15日(土)15:00−18:00

      テーマ:Structure of HR function

    第17回SHRMコンピテンシー研究会

    開催予定:2017年5月20日(土)15:00−18:00

      テーマ:Total Rewards

    第18回SHRMコンピテンシー研究会

    開催予定:2017年6月10日(土)15:00−18:00

      テーマ:Organizational Effectiveness & Development

     

    会    場: 株式会社スマートビジョン2階セミナー室

    会場住所:〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7ー48ー11

    アクセス:東急東横線、大井町線、自由が丘駅 徒歩10分 

         東急大井町線 九品仏駅 徒歩7分 世田谷区立八幡中学正門前

         自由が丘駅から、駒沢公園行き東急コーチで1駅目下車、八幡中学

         正門前まで徒歩2分です。向かって右側の会社玄関のインターフォン

         を使って、呼び出しください。

         緊急時には、こちらにTEL:03-6432-2985

         http://www.mapion.co.jp/address/13112/8:7:48:9/

     

    会費: JSHRM会員 1,000円 お試し参加:2,000

       尚、JSHRM会員が原則ですが、最初の1回のみ、お試し参加もできます。

       参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp

       FAX 03-5858-6931まで連絡下さい。

    ******************************************************

    日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員

    戦略的人材マネジメント研究会、

    SHRMコンピテンシー研究会 代表世話人

    戦略的人財マネジメントセンター 代表

    国際メンタリング&コーチングセンター 代表

    株式会社スマートビジョン 代表取締役       石 川  洋

    電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931

    会社サイト:http://www.smartvision.co.jp

    研究会ブログ:http://shrmcompetency.lpfrontline.com

    ******************************************************

     

    posted by: hiroishikawa7 | 第14回SHRMコンピテンシー研究会 | 09:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |