Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
Recommend
Recommend
図解実務入門 よくわかるビジネス・コーチング入門
図解実務入門 よくわかるビジネス・コーチング入門 (JUGEMレビュー »)
本田 勝嗣, 石川 洋
本書の90%以上を、石川代表が執筆しました。
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
次回のSHRMコンピテンシー研究会は、4月25日(水)19:00に開催します。
0

     

    SHRMコンピテンシー研究会の皆様

    SHRMコンピテンシー研究会に興味をお持ちの皆様

    グローバルHRプロ認定 SHRM CP/SCPに興味をお待ちの方

     

     3月は、お陰様で、11名の参加者が集まりました。

    グローバルHRプロともなれば、人事のことだけ考えれば、それで良いでは

    済まされません。外部からの採用だけなく、将来を目指した人材開発が重要な

    位置を占めることになります。

     当然のことながら、経営幹部の視点で、会社全体のビジネスの先行きを推し

    量り、これからは、どんな人材が必要なのか、外からだけでなく、社内全体を

    見通して、各人材の強みや弱みを把握して、将来あるべき姿を見通して、どう

    変えていくべきかの洞察力が試されることになります。

      そこで、4月は、SHRMコンピテンシーの中から、Business Clusterに関する

    解説と演習を行います。

      特に、SHRM Competencyでは、Business acumen(ビジネス洞察力)

    注目しています。戦術的な手法ではなく、戦略的手法に基づき、中長期的な視野

    にて、グローバルHRプロとして、何をするべきかを問われているのです。

     人事総務の業務は、果たして会社全体の企業戦略に、どのように貢献して

    いるのか、これから、どうなるべきなのかです。

     確かに、人事の視点や経営幹部の視点では違いますし、担当部署の視点でも

    違います。どのように整合性を取るべきなのでしょうかをみなさんと考えたい

    と思います。

     また、5月からは、Technical Clusterが始まります。 人事は、採用中心に

    なりがちですが、社内でも、戦略的に優秀人財の流動性を高めるには、どう

    すべきかが鍵になります。

     日本企業で行われている短期的な視野での定期人事異動とは、相当異なり

    ます。

     その辺も含めて、みなさんと話し合いの時間を取りたいと思います。

     グローバル ビジネスの時代に対処するため、これを理解して進めるのと、

    そうでないのでは、大きな違いになります。

     次回の研究会に参加して、これらのポイントをキチンと理解して、これから

    のグローバル ビジネスに役立ててください。

     これからのグローバル時代を生き抜く大きな知恵になります。

        

      次回も、最大20名の会場のため、先着20名様、無料招待とさせて頂きます。

    早めに、事前予約をしてから、お越しください。

    事前に, hiro-i@smartvision.co.jp まで連絡ください。   

    ----------------------------------------------------------------------------

    第27回 JSHRM SHRMコンピテンシー研究会 

    テーマ:HRプロに必須なビジネス コンピテンシーを学ぼう!

    -----------------------------------------------------------------------------

    開催日:2018年4月25日(水)19:00ー21:30

        

        19:00-19:10 初めて参加の方の自己紹介

        19:10-19:30 最近のSHRMコンピテンシー最新動向 SHRM 執行役員 石川 洋

        19:30-20:50 Business Cluster(Business Acumen、Consultation、

                            Critical Evaluation)

              PwCあらた有限責任監査法人 HR Director SHRM SCP HRプロ 馬場 竜介氏

        20:50-21:30  自由討議と今後の予定

           

        今回の会場:株式会社システムサポート 本社 会議室 「ブルーベリー」

        住所:163-0211新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル11F

              株式会社システムサポート担当)総務人事部 田村 彰浩 氏 

                             

       <注意事項>

        11Fフロアまでお越し頂くと、弊社の入り口があります。

        19時までは玄関口でお待ちしています。

        19時過ぎた場合(もしくは玄関口に居ない場合)は、携帯090-3598-8012まで

        連絡ください。 

                

    会費:先着20名さま、無料ご招待とさせて頂きますので、早めに申し込みください。

           会場の都合上、20名様までとさせて頂きますので、事前申し込みの上、

           早めにお越しください。

        

    尚、5月のSHRMコンピテンシー研究会は、5月23日(水)19:00から予定しています。

    ******************************************************

    SHRMコンピテンシー研究会 代表世話人

    日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員

    株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋  

      戦略的人財マネジメントセンター、代表

       国際メンタリング&コーチングセンター 代表

    電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931

       会社サイト:http://www.smartvision.co.jp

       研究会ブログ:http://shrmcompetency.lpfrontline.com

    ******************************************************

    posted by: hiroishikawa7 | 第27回SHRMコンピテンシー研究会 | 10:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    次回の SHRMコンピテンシー研究会は、3月23日(金)に、新宿住友ビルで開催します。馬場講師の日本語版演習は、圧巻でした!
    0

       

      SHRMコンピテンシー研究会の皆様

      SHRMコンピテンシー研究会に興味をお持ちの皆様

      グローバルHRプロ認定 SHRM CP/SCPに興味をお待ちの方

                  

        前回2月21日(水)の研究会は、お陰様で、1月同様の参加者数になりました。

           

       SHRMコンピテンシーと言うと、難しいことを長々と言っているものとの印象が強い

      ですが、馬場講師の説明では、そんなに難しくなく、意外と単純なことを言っているの

      ではないかと、思わせてしまいます。

       特に、日本語による演習事例では、大変興味深い事例を紹介して頂きました。

       倫理に関する事例は、演習問題を読んでみると、一見、「何これ?」と思いがちですが、

      その考え方の視点がわかると意外にも、簡単に答えられるようになります。

       ここがポイントなのです。独学で、記憶学習ばかりしていると、その真意が掴めなくて、

      苦労することがありますが、理解のポイントがわかると、「なんだそうだったのか

      と思います。

       次回の研究会でも、馬場講師から、これらのツボをお聞きして、「そうだったのか

      を連発しようではありませんか?

       英語の速読だけでは、わからない、長年の経験から養った「経験からくる知恵」を

      沢山知ることができます。

       

         次回の3月23日(金)は、Interpersonal Clusterです。

       そのテーマは、Global and Cultural Effectiveness Competencyです。

       その中には、Global mindset, Culture, さらには、Legal Systemがあります。

       この中で、一番重要なのは、Cultural theoriesです。

       この理論には、多くの学者が関わっています。

       まず、Edward Hall のHigh and Low Context Cultureです。 

       Geert Hofstedeのdimensions of cultureです。

       さらには、Fons TrompenaarsのCultural dilemmasです。 

       これは、具体的事例を理解すると良く理解できます。

      今まで、漠然と感じていたものが、「そうだったのか」になります。

      これが重要なのです。

       グローバル ビジネスの時代に、これを理解して進めるのと、そうでないのでは、

      大きな違いです。

       次回の研究会に参加して、これらのポイントをキチンと理解して、これからの

      グローバルビジネスに役立ててください。

       これからのグローバル時代を生き抜く大きな知恵になります。

          

        次回も、最大20名の会場のため、先着20名様、無料招待とさせて頂きます。

      早めに、事前予約をしてから、お越しください。

      事前に, hiro-i@smartvision.co.jp まで連絡ください。   

       

      -------------------------------------------------------------------------------

      第26回 JSHRM SHRMコンピテンシー研究会 

      テーマ:組織文化のコンピテンシーを学ぼう!

      -------------------------------------------------------------------------------

      開催日:2018年3月23日(金)19:00ー21:20

          

          19:00-19:10 初めて参加の方の自己紹介

          19:10-19:30 最近のSHRMコンピテンシー最新動向   SHRM 執行役員 石川 洋

          19:30-20:50 Interpersonal Cluster (Relationship Management、

             Communication、Global and Cultural Effectiveness)              

                     PwCあらた有限責任監査法人 HR Director SHRM SCP HRプロ 馬場 竜介氏

          20:50-21:20 自由討議と今後の予定

                  

          今回の会場:株式会社システムサポート 本社 会議室 「ブルーベリー」

          住所:163-0211新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル11F

                株式会社システムサポート担当)総務人事部 田村 彰浩 氏 

                               

         <注意事項>

          11Fフロアまでお越し頂くと、弊社の入り口があります。

          19時までは玄関口でお待ちしています。

          19時過ぎた場合(もしくは玄関口に居ない場合)は、携帯090-3598-8012まで

          連絡ください。 

                  

      会費:先着20名さま、無料ご招待とさせて頂きますので、早めに申し込みください。

             会場の都合上、20名様までとさせて頂きますので、事前申し込みの上、

             早めにお越しください。

          

      尚、4月のSHRMコンピテンシー研究会は、4月25日(水)19:00から予定しています。

      ******************************************************

      SHRMコンピテンシー研究会 代表世話人

      日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員

      株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋  

        戦略的人財マネジメントセンター、代表

         国際メンタリング&コーチングセンター 代表

      電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931

         会社サイト:http://www.smartvision.co.jp

         研究会ブログ:http://shrmcompetency.lpfrontline.com

      ******************************************************

      posted by: hiroishikawa7 | 第26回SHRMコンピテンシー研究会 | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      SHRMコンピテンシー研究会は、2月21日(水)に前回同様、新宿住友ビルで開催します。
      0

         

        SHRMコンピテンシー研究会の皆様

        SHRMコンピテンシー研究会に興味をお持ちの皆様

        グローバルHRプロ認定 SHRM CP/SCPに興味をお待ちの方

                

         前回1月26日の研究会は、お陰様で、通常の2倍の参加者がありました。

         講師の馬場さんは、ニューヨークの地下鉄の中で、声を出してテキストを読んで
        いたとのことで驚きです。日本で、同じことをしたら、変な目で見られたことでしょう。

         速読アプリも活用して、普段から、何度も振り返らなくて読む、速読練習をしていた

        とのこと。

             その効果あって、220分で、180問に回答でき、合格できたのです。

        昨年4月からは、240分、160問になったので、以前より、やりやすくなりました。

         さらに、海外の受験の方には、時間の延長も認められるとの話も出てきましたので、

        日本の皆さんも、一度挑戦してはいかがでしょうか?

        SHRMの規定するHRプロは、従来のStrategic Business Partner(SBP)から、

        更に、次のステップとして、Strategic Business Leader(SBL)を目指しています。

         と言われても、各事業部からは、迷惑がられるのではないかと心配です。

        HR Directorとして、VP for HRとして、社長から、人材マネジメントでのリーダー
        シップの発揮を感謝され、事業部からも、その活躍を喜ばれるには、一体どうするべきか
        と感じている方は、ぜひ次回のSHRMコンピテンシー研究会に参加ください。

        また、グローバル企業の子会社のHRプロは、どの様な考えで、各部のマネジャー
        や本社のHRマネジャーに対応するべきなのか、これも興味のある所です。

        欧米企業の日本支社のHRマネジャーには、大変参考になりましょう。

        色々なヒントを得ることができましょう。

        講師の馬場さんは、PwC 本社のHR Directorの経験もあり、現在は、帰任して、

        日本支社のHR Directorとして、活躍されています。

        彼からの実践的な助言も役立つことでしょう。

          次回も、最大20名の会場のため、先着20名様、無料招待とさせて頂きます

        早めに、事前予約をしてから、お越しください

        早めに、hiro-i@smartvision.co.jp まで連絡ください。

        -----------------------------------------------------------------------------------------

        第25回 JSHRM SHRMコンピテンシー研究会 

        テーマ:戦略的HRプロフェショナル人材には、どんなリーダーシップが必要なのか?

        -----------------------------------------------------------------------------------------

        開催日:2018年2月21日(水)19:00−21:20
         

        19:00-19:10 初めて参加の方の自己紹介

        19:10-19:30 SHRMコンピテンシー最新動向       JSHRM 執行役員 石川 洋

        19:30-20:50 Leadership Cluster (Leadership & Navigation、Ethical Practice)

                      PwCあらた有限責任監査法人 HR Director  SHRM SCP HRプロ 馬場 竜介氏

        20:50-21:20 自由討議と今後の予定

                

               今回の会場:株式会社システムサポート 本社 会議室 「ブルーベリー」

               住所:163-0211新宿区西新宿2−6−1 新宿住友ビル11F

                     株式会社システムサポート担当)総務人事部 田村 彰浩 氏 

                             

           <注意事項>

            11Fフロアまでお越し頂くと、弊社の入り口があります。

            19時までは玄関口でお待ちしています。

            19時過ぎた場合(もしくは玄関口に居ない場合)は、携帯090-3598-8012まで

             連絡ください。 

                

          会費:先着20名さま、無料ご招待とさせて頂きますので、早めに申し込みください。

                  会場の都合上、20名様までとさせて頂きますので、事前申し込みの上、

                 早めにお越しください。

         

        尚、第26回SHRMコンピテンシー研究会は、3月23日(金)19:00-21:20です。

         **************************************************

          SHRMコンピテンシー研究会 代表世話人

          日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員

          戦略的人財マネジメントセンター、代表

          国際メンタリング&コーチングセンター 代表

          株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋

          電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931

          会社サイト:http://www.smartvision.co.jp

          研究会ブログ:http://shrmcompetency.lpfrontline.com

         *************************************************

        posted by: hiroishikawa7 | 第25回SHRMコンピテンシー研究会 | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        第24回SHRMコンピテンシー研究会開催案内 企業の成功に欠かせない戦略的HRプロフェショナル人材とは?
        0

           

          早いもので、2017年もあと少しですね。

          12月9日の懇親会にて、今後のSHRMコンピテンシー研究会の進め方に関して、

          熱い議論をしました。

            その結果、まず、平日19:00から、都心の便利な場所(新宿住友ビル11階)で、
          新講師の馬場さんに協力を頂き、再出発することにしました。

            会場は、株式会社システムサポートの田村氏のご協力を頂きましたこと、心より感謝
          したいと思います。

           米国では、すでに10万名を超えるHRプロフェショナルが認定され、最先端のグロ
          ーバル人材マネジメントの積極的導入が進んでいます。

            日本企業ではいまだ、5名に留まっており、グローバル化では、欧米先進企業と比べ、
          大幅な遅れをとっているのが現状です。

           20181月より、米国人財マネジメント協会SHRMが推進するする最先端のグロ
          ーバル人材マネジメントとは、どんなものなのか、PwC USAにて、導入経験をお持ち
          PwC Japan 馬場 竜介氏から、SHRMの考える人事プロフェショナル像の定義と

          意義に関して、お聞きしたいと思います。

           馬場さんが、米国駐在時に、どのようにしてSHRM SCP HRプロ認定取得したかの

          秘訣もお聞きできると思います。

           次回は、どなたでも、参加費無料になりますので、周りの方を誘っておいでください。

            グローバル人事に関係される多くの方の参加を、お待ちしております。

          参加者:会場の関係上、先着順20様限定

           

          第24回 JSHRM SHRMコンピテンシー研究会 (今回は参加費無料です!)

          テーマ:企業の成功に欠かせない戦略的HRプロフェショナル人材とは?

          ---------------------------------------------------------------------------------------
          開催日:2018年1月26日(金)19:00−21:0

          19:00-19:10 初めて参加の方の自己紹介

          19:10-19:30 SHRM HRプロ認定の意義と何に役立つのか?  (石川 洋)

          19:30-20:30 SHRM (人材マネジメント協会)が定義する人事プロフェッショナル像と概要

                      (PwC USA での経験とSHRM HR認定の意義に関する私見

                    PwCあらた有限責任監査法人 HR Director  SHRM SCP HRプロ 馬場 竜介氏

          20:30-21:00 自由討議と今後の予定

           

          今回の会場:株式会社システムサポート 本社 会議室 「ブルーベリー」

            住所:163-0211新宿区西新宿2−6−1 新宿住友ビル11F

            株式会社システムサポート担当)総務人事部 田村 彰浩 氏 

                       

          <注意事項>

          11Fフロアまでお越し頂くと、弊社の入り口があります。

          19時までは玄関口でお待ちしています。

          19時過ぎた場合(もしくは玄関口に居ない場合)は、携帯090-3598-8012まで

          連絡ください。 

           

          会費:今回は、参加費無料とさせて頂きます。

           今回は、新コースの開催のため、JSHRM、非会員も含めて、参加費無料とさせて
          頂きますので、ぜひ参加をお待ちしております。

          **************************************************

          SHRMコンピテンシー研究会 代表世話人

          日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員

          戦略的人財マネジメントセンター、代表

          国際メンタリング&コーチングセンター 代表

          株式会社スマートビジョン 代表取締役  川 

          電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931

          会社サイト:http://www.smartvision.co.jp

          研究会ブログ:http://shrmcompetency.lpfrontline.com

          ****************************************************

          posted by: hiroishikawa7 | 第24回SHRMコンピテンシー研究会 | 10:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          第20−22回SHRMコンピテンシー研究会、グローバルHRプロを目指して、人材マネジメントの基本を学ぼう!
          0

            SHRMコンピテンシー研究会の皆様

             

             当社のサイトにて、SHRM2017ニューオリンズ大会の緊急報告をすでに掲載し

            ましたので、ご覧下さい。 

              http://www.smartvision.co.jp/SHRM2017.html

               

               この緊急報告では、ホンの最初部分を掲載させて頂きましたが、中身が多いこと

            もあり、その他は、報告は、9月2日の戦略的人材マネジメント研究会、更には、

            その後の研究会、及び、下記の5つのワークショップにて、逐次報告させて頂く予定

            です。

              http://www.smartvision.co.jp/index034.html

             

             この5つのワークショップでは、最新の情報をベースに、参加者の要望を考慮して、

            毎回最新の内容にて、個別対応した内容で、実施しており、其の中で、演習事例を

            含めて、どのようにしたら、皆様の企業にて、導入が可能なのかも含めて、ご紹介して

            おります。

             

             さて、SHRMコンファレンスへは、今年で8年連続の参加になりますが、毎年、

            Leader's Dinnerに招待されることもあり、今年も参加してみました。

             緊急報告の右欄の写真の中に、この時の写真を入れておきましたので、ご覧下さい。

             以前は、立食形式でしたが、今年は、着席スタイルで、実施しており、偶然にも

            SHRM President/CEOのHenry Jacksonと同席させて頂きました。この写真を

            クリックしますと、拡大写真を見ることができます。

             私が初めて、SHRMコンファレンスに参加した時に、現在のCEOが就任した記憶があり

            ますので、今年で丁度8年になります。

             彼は、今年末で交替の予定で、その後継者も発表され、後任者は、博士号をもつと

            同時に、SHRM SCP HRプロ認定も取得した方で、現在のCEO同様に黒人です。

             これからのSHRM幹部には、SHRM SCP HRプロ認定が必須の要件になったとの

            ことです。

             米国PwCのHR Directorでした馬場氏の話しでは、米国PwCでは、HR関連の経営

            幹部は、その殆どが、SHRM HRプロ認定を取得しており、すでに200名になると

            のこと。

             米国では、外部HRのコンサルが自らのブランディングのために取得するというより、

            むしろ欧米企業の中のHR関連の経営幹部として登用され、信用されるための最低条件

            だと言われています。

             馬場さんが、SHRM SCP HRプロ認定を目指したのも、他のHR関連 経営幹部が

            殆ど取得していることもあり、これがないと肩身の狭い思いをすることになるからで

            あり、駐在期間中に是非合格しようと頑張ったためです。

             SHRMの働きかけにより、欧米企業内でも、こうような雰囲気が作れれたからこそ、

            わずか2年で、100,000名のSHRM HRプロ認定者が生まれた理由が理解できます。

             

             スペイン語圏では、SHRM HRプロ認定に熱心な人が多いこともあり、スペイン語

            での受験が可能になりましたので、スペイン語での取得者も増えましょう。

             アフリカやアジアの香港、シンガポール、台湾等の英語圏では、同様の状況が

            生まれつつあり、これから急速に認定者が増えることになります。

             残るは、中国、韓国、日本が、取り残されています。

             SHRMの問題制作者会議に参加した松下さんの話しでも、同様ですが、アフリカ圏

            のナイジェリア等大変な熱心な国もあり、SHRMコンファレンスへの参加者が、日本

            より多い国もあります。

             現状では、HRプロ分野では、日本は、後進国扱いされる可能性さえあります。

             

             少なくとも日本の外資系企業で、HR経営幹部を目指す人には、今後、大変重要な

            要件になると言えましょう。

             欧米企業で進められる最新のHR動向をお知らせするため、9月2日(土)の戦略的

            人材マネジメント研究会では、4名のSHRMニューオリンズ大会参加者から、今年は、

            何を学んだのかを報告して頂きます。

             但し、SHRM elearning Libraryサービスは、SHRM2017 Conference 版の

            配信が、8月下旬から、9月上旬になりそうなこともあり、その時点にて、報告可能な

            事項を中心に報告することになります。

             今年、4月に開催されたSHRM Talent management conference 2017の状況は、

            すでに閲覧可能ですので、こちらの報告を、まずはさせて頂くことになりましょう。

             最新の人材マネジメント動向に興味をお持ちの方は、9月2日の戦略的人材マネジ

            メント研究会に参加下さい。

             

             SHRMコンピテンシー研究会は、日本で唯一のHRプロフェッショナル養成機関

            ですが、初心者の方にも、日本語で分かりやすく解説しており、大変好評を得ており

            ます。

             色々な視点で、色々な意見を聞ける貴重な機会になりますので、多くの初心者の方

            の参加をお待ちしております。

             多くの方の参加を御待ちしております。参加ご希望の方は、早めに連絡を!

             

            第20−22回SHRMコンピテンシー研究会、人材マネジメントの基本を学ぼう!

            ==================================================

               第20回  2017年 8月05日(土)15:00−18:00

                 テーマ:Employee and Labor Relations 

               第21回  2017年 9月30日(土)15:00−18:00

                 テーマ:Technology Management  

               第22回  2017年   11月4日(土)15:00−18:00 

                テーマ:HR in the Global Contents

             

                会場:株式会社スマートビジョン本社2階セミナー室

               会場住所:東京都世田谷区奥沢7−48−11(自由ヶ丘駅 徒歩10分)

               アクセス:東急東横線、大井町線、自由が丘駅 徒歩10分 

                    東急大井町線 九品仏駅 徒歩7分 世田谷区立八幡中学正門前

                    自由が丘駅から、駒沢公園行き東急コーチで1駅目下車、八幡中学

                    正門前まで徒歩2分です。向かって右側の会社玄関のインターフォン

                    を使って、呼び出しください。

                    緊急時には、こちらにTEL:03-6432-2985

                    http://www.mapion.co.jp/address/13112/8:7:48:9/

               会費: JSHRM会員 1,000円 お試し参加:2,000円、

                   参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp 

                     FAX 03-5858-6931まで連絡下さい。

             

            ******************************************************

              日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員

              SHRMコンピテンシー研究会 代表世話人

              戦略的人材マネジメント研究会 代表世話人

              戦略的人財マネジメントセンター 代表

              株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋

              電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931

              会社サイト:http://www.smartvision.co.jp

              研究会ブログ:http://workshop.lpfrontline.com

            ******************************************************

            posted by: hiroishikawa7 | 第20回SHRMコンピテンシー研究会 | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |