Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Recommend
Recommend
図解実務入門 よくわかるビジネス・コーチング入門
図解実務入門 よくわかるビジネス・コーチング入門 (JUGEMレビュー »)
本田 勝嗣, 石川 洋
本書の90%以上を、石川代表が執筆しました。
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
第20−22回SHRMコンピテンシー研究会、グローバルHRプロを目指して、人材マネジメントの基本を学ぼう!
0

    SHRMコンピテンシー研究会の皆様

     

     当社のサイトにて、SHRM2017ニューオリンズ大会の緊急報告をすでに掲載し

    ましたので、ご覧下さい。 

      http://www.smartvision.co.jp/SHRM2017.html

       

       この緊急報告では、ホンの最初部分を掲載させて頂きましたが、中身が多いこと

    もあり、その他は、報告は、9月2日の戦略的人材マネジメント研究会、更には、

    その後の研究会、及び、下記の5つのワークショップにて、逐次報告させて頂く予定

    です。

      http://www.smartvision.co.jp/index034.html

     

     この5つのワークショップでは、最新の情報をベースに、参加者の要望を考慮して、

    毎回最新の内容にて、個別対応した内容で、実施しており、其の中で、演習事例を

    含めて、どのようにしたら、皆様の企業にて、導入が可能なのかも含めて、ご紹介して

    おります。

     

     さて、SHRMコンファレンスへは、今年で8年連続の参加になりますが、毎年、

    Leader's Dinnerに招待されることもあり、今年も参加してみました。

     緊急報告の右欄の写真の中に、この時の写真を入れておきましたので、ご覧下さい。

     以前は、立食形式でしたが、今年は、着席スタイルで、実施しており、偶然にも

    SHRM President/CEOのHenry Jacksonと同席させて頂きました。この写真を

    クリックしますと、拡大写真を見ることができます。

     私が初めて、SHRMコンファレンスに参加した時に、現在のCEOが就任した記憶があり

    ますので、今年で丁度8年になります。

     彼は、今年末で交替の予定で、その後継者も発表され、後任者は、博士号をもつと

    同時に、SHRM SCP HRプロ認定も取得した方で、現在のCEO同様に黒人です。

     これからのSHRM幹部には、SHRM SCP HRプロ認定が必須の要件になったとの

    ことです。

     米国PwCのHR Directorでした馬場氏の話しでは、米国PwCでは、HR関連の経営

    幹部は、その殆どが、SHRM HRプロ認定を取得しており、すでに200名になると

    のこと。

     米国では、外部HRのコンサルが自らのブランディングのために取得するというより、

    むしろ欧米企業の中のHR関連の経営幹部として登用され、信用されるための最低条件

    だと言われています。

     馬場さんが、SHRM SCP HRプロ認定を目指したのも、他のHR関連 経営幹部が

    殆ど取得していることもあり、これがないと肩身の狭い思いをすることになるからで

    あり、駐在期間中に是非合格しようと頑張ったためです。

     SHRMの働きかけにより、欧米企業内でも、こうような雰囲気が作れれたからこそ、

    わずか2年で、100,000名のSHRM HRプロ認定者が生まれた理由が理解できます。

     

     スペイン語圏では、SHRM HRプロ認定に熱心な人が多いこともあり、スペイン語

    での受験が可能になりましたので、スペイン語での取得者も増えましょう。

     アフリカやアジアの香港、シンガポール、台湾等の英語圏では、同様の状況が

    生まれつつあり、これから急速に認定者が増えることになります。

     残るは、中国、韓国、日本が、取り残されています。

     SHRMの問題制作者会議に参加した松下さんの話しでも、同様ですが、アフリカ圏

    のナイジェリア等大変な熱心な国もあり、SHRMコンファレンスへの参加者が、日本

    より多い国もあります。

     現状では、HRプロ分野では、日本は、後進国扱いされる可能性さえあります。

     

     少なくとも日本の外資系企業で、HR経営幹部を目指す人には、今後、大変重要な

    要件になると言えましょう。

     欧米企業で進められる最新のHR動向をお知らせするため、9月2日(土)の戦略的

    人材マネジメント研究会では、4名のSHRMニューオリンズ大会参加者から、今年は、

    何を学んだのかを報告して頂きます。

     但し、SHRM elearning Libraryサービスは、SHRM2017 Conference 版の

    配信が、8月下旬から、9月上旬になりそうなこともあり、その時点にて、報告可能な

    事項を中心に報告することになります。

     今年、4月に開催されたSHRM Talent management conference 2017の状況は、

    すでに閲覧可能ですので、こちらの報告を、まずはさせて頂くことになりましょう。

     最新の人材マネジメント動向に興味をお持ちの方は、9月2日の戦略的人材マネジ

    メント研究会に参加下さい。

     

     SHRMコンピテンシー研究会は、日本で唯一のHRプロフェッショナル養成機関

    ですが、初心者の方にも、日本語で分かりやすく解説しており、大変好評を得ており

    ます。

     色々な視点で、色々な意見を聞ける貴重な機会になりますので、多くの初心者の方

    の参加をお待ちしております。

     多くの方の参加を御待ちしております。参加ご希望の方は、早めに連絡を!

     

    第20−22回SHRMコンピテンシー研究会、人材マネジメントの基本を学ぼう!

    ==================================================

       第20回  2017年 8月05日(土)15:00−18:00

         テーマ:Employee and Labor Relations 

       第21回  2017年 9月30日(土)15:00−18:00

         テーマ:Technology Management  

       第22回  2017年10月14日(土)15:00−18:00 

        テーマ:HR in the Global Contents

     

        会場:株式会社スマートビジョン本社2階セミナー室

       会場住所:東京都世田谷区奥沢7−48−11(自由ヶ丘駅 徒歩10分)

       アクセス:東急東横線、大井町線、自由が丘駅 徒歩10分 

            東急大井町線 九品仏駅 徒歩7分 世田谷区立八幡中学正門前

            自由が丘駅から、駒沢公園行き東急コーチで1駅目下車、八幡中学

            正門前まで徒歩2分です。向かって右側の会社玄関のインターフォン

            を使って、呼び出しください。

            緊急時には、こちらにTEL:03-6432-2985

            http://www.mapion.co.jp/address/13112/8:7:48:9/

       会費: JSHRM会員 1,000円 お試し参加:2,000円、

           参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp 

             FAX 03-5858-6931まで連絡下さい。

     

    ******************************************************

      日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員

      SHRMコンピテンシー研究会 代表世話人

      戦略的人材マネジメント研究会 代表世話人

      戦略的人財マネジメントセンター 代表

      株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋

      電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931

      会社サイト:http://www.smartvision.co.jp

      研究会ブログ:http://workshop.lpfrontline.com

    ******************************************************

    posted by: hiroishikawa7 | 第20回SHRMコンピテンシー研究会 | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    第19−21回SHRMコンピテンシー研究会開催案内 世界標準の最新の人材マネジメントを学ぼう!
    0

       

      SHRMコンピテンシー研究会の皆様

       

       人材マネジメント協会SHRM2017ニューオリンズ大会(2017/6/18-21)も無事終了

      しました。

       今年も例年同様、約15,000名のHRプロフェッショナルが全世界から、ニューオル

      リーンズ コンベンション センターに結集しました。

       今年からは、紙による Conference todayの配布がなくなり、会場の殆どの部屋で、

      Free wifiが利用できる様になり、iPad等のタブレットを持参することで、より便利

      に配布資料やConference todayを見ることができる様になりました。

       更に、今年の進化は、スマホやタブレット等に、アプリを入れれば、今年の参加者

      の検索が簡単にできる様になった点です。例えば、Hitachiと会社名で検索すると、

      日立系列からは、11名の参加者名がリストアップされます。これは、大変便利です。

       今年最大のトピックスは、SHRM CP/SCP認定者が、開始2年目で、何と

      10万人の大台を超えたことです。

       米国駐在の日本人の認定者にも、お会いすることができました。今月にも、帰任

      予定とのことなので、8月、9月の我々の研究会にも、参加頂けるそうです。

      これも楽しみですね。

       そこで、来る9月2日(土)に、SHRM2017コンファレンスの視察報告会を開催

      します。

       今年は、4名の人材マネジメント関係者の方から、違った視点で、分析して

      頂き、今後の人材マネジメントの方向性を考えたいと思います。

       今年の報告会は、相当レベルの高い報告が期待できそうですね。

       何が面白かっただけではなく、実践的な視点で、日本と米国の人材マネジメント

      の進展度の違い、新規プロジェクトの導入の真剣度の違いを考えたいと思います。

       

       また、7月29日予定のSHRMコンピテンシー研究会では、下記の特別報告も含めて

      予定してますので、楽しみにして下さい。

       

        ・SHRM Certification 制作者会議に参加して (松下尚史氏)

        ・SHRM2017版 Learning Systemで、何が変わったのか(石川洋、川端氏)

        ・SHRM CP 認定 体験記 (川端氏)

       

       特に、松下さんが、SHRM制作者会議に参加した感想、SHRM HRプロ認定

      試験体験報告、更には、2017版 SHRM Learning System使用体験記は、貴重な

      情報が満載です。

       一人で勉強しているだけでは、入手できない貴重な情報を聞けるのが、

      本研究会の最大の特徴です。楽しみにして下さい。

       

       特に、SHRMコンピテンシー研究会は、日本で唯一のHRプロフェッショナル養成

      機関ですが、初心者の方にも、日本語で分かりやすく解説しており、大変好評を

      得ております。色々な視点で、色々な意見を聞ける貴重な機会になりますので、

      多くの初心者の方の参加もお待ちしています。

       

      第19−21回SHRMコンピテンシー研究会、最新人材マネジメントの基本を学ぼう!

      ===============================================

       第19回 2017年7月29日(土)15:00−18:00

           テーマ:HR Strategic planning 

       第20回  2017年8月05日(土)15:00−18:00

         テーマ:Employee Relations 

       第21回  2017年9月30日(土)15:00−18:00

         テーマ:Technology Management  

       

      会    場: 株式会社スマートビジョン本社2階セミナー室

       会場住所:〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7ー48ー11

       アクセス:東急東横線、大井町線、自由が丘駅 徒歩10分 

            東急大井町線 九品仏駅 徒歩7分 世田谷区立八幡中学正門前

            自由が丘駅から、駒沢公園行き東急コーチで1駅目下車、八幡中学

            正門前まで徒歩2分です。向かって右側の会社玄関のインターフォン

            を使って、呼び出しください。

            緊急時には、こちらにTEL:03-6432-2985

            http://www.mapion.co.jp/address/13112/8:7:48:9/

       

      会費: JSHRM会員 1,000円 お試し参加:2,000円

           尚、JSHRM会員が原則ですが、最初の1回のみ、お試し参加もできます。

           参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp

           FAX 03-5858-6931まで連絡下さい。

      ***********************************************************

      日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員

      SHRMコンピテンシー研究会 代表世話人

      戦略的人材マネジメント研究会 代表世話人

      戦略的人財マネジメントセンター 代表

      株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋

      電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931

      会社サイト:http://www.smartvision.co.jp

      研究会ブログ:http://workshop.lpfrontline.com

      **********************************************************

      posted by: hiroishikawa7 | 第19回SHRMコンピテンシー研究会開催案内 | 09:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      第18−20回SHRMコンピテンシー研究会、人材マネジメントの基本を学ぼう!
      0

        SHRMコンピテンシー研究会の皆様

         

         欧米先進企業でも、優秀人財をみつけて、定着させるのに、大変苦労しています。

        優秀な学生ほど、良い大学を卒業していますので、奨学金の返済に苦労しているの

        が実情です。そこで、この返済を支援する企業が増えています。

         優秀な人財には、単純に初任給を上げるより、より効果が高いと言われます。

         また、サービス産業では、タクシーの自動配車サービスUberと同様な

        仕組みを導入して、効率化を図る企業もあります。

         これは、結構高い専門性が要求されるので、質の高いサービスを効率的に

        得られると好評です。これは、日米共に、有望なサービスになりましょう。

         ミレニアル世代に効果的なベネフィットとして、単純な医療費補助から、

        Wellbeingであり、Sustainable performanceに力点がおかれる傾向があり、

        教育も含めた多様な形態に変容することになります。

         オバマケアの廃止が進むと、この流れが加速することになりましょう。

         

          それと、今年のSHRMコンファレンスで注目されているのが、Personal Branding

        です。

          従来は、キャリア デベロップメントと言われていましたが、これをさらに

        進めたもので、例えば、信頼される人事になるだけでなく、女性幹部として認めら

        れるにはどうすれば良いのかであり、他の人との差別化をつけるには、どんな工夫

        が必要なのかです。

         また、従来の知識中心の資格」とか、「認定」から脱して、これからは、より

        戦略的手法を駆使して、より効果的、挑戦的に進めようとしている人財に、より

        多くの挑戦の機会が与えられる様になります。その実現には、「振る舞い方」が

        重要になり、如何に他の人に「影響力」を行使できるかになります。そのために、

        必要なより実践的なノウハウが求められますので、これらに関するセッションが増加

        しました。

         これからのマネジャーは、部下のランクづけをすることにより、存在感を増す

        より、「権威」を使わずに、より効果的に「気づき」を与える、効果的フィード

        バックやコーチングが必要になります。これも時代の流れに沿った内容になります。

         

         6月12日(月)予定のSHRM2017コンファレンス事前勉強会では、これらの日本

        人事総務の方が、知っておくと得するトレンドを中心に、何がホットなのか、

        何が変わりつつあるのかを中心に振り返ります。

         

         その大きな流れは、「ミレニアル世代のやる気を引き出せるか?」であり、その

        現には、どんな意識改革を進めるべきか、その中心人物は、当然ミレニアル世代の

        たちです。そういう人たちが喜ぶ人材マネジメントの仕組みを早めに導入すること

        で、職場や組織全体の意識は、大きく変わります。

         最新のデジタル  デバイスを活用した効果的に活用する人材を一層有効に活用する

        ため、人の動きや心理を科学的に分析して、より合理的な判断に役立てるPeople

         analytics手法が必要になります。

         6月18−21日から、米国ニューオルリンズにて開催される世界最大の人材マネ

        ジメント関係者のネットワーク組織、人材マネジメント協会SHRM(会員約30万名)

        の年次コンファレンスでは、グーグルの元SVP of People Operations, Mr. Laszlo

        Bockの基調講演が予定され、その他数名のPeople analytics専門家の講演が行なわ

        れます。

          SHRMコンファレンスでは、Human Resource manager/Talent manager

        更には、社内のHRプロを主な対象として、毎年15,000名以上が集結します。

          SHRM年次総会は、これらの人材マネジメントの中核となるHRプロが結集する

        世界最大で、最も影響力のある国際コンファレンスと言えます。

          従い、これらの方に必須な実践的で、役立つ内容が多く見られます。

         

          次回6月12日の戦略的人材マネジメント研究会では、2017 Global Human

          Capital Trendsにも掲載された今年のグローバル人財マネジメントの流れを、

        まず振り返り、その理解のもとに、SHRM2017コンファレンスの見どころを探り、

        何が期待できるのかのヒントを提供します。

         もし、皆さん現在の業務での課題が明確にお持ちであれば、より沢山のヒント

        を得られることでしょう。

         

          今年のSHRMコンファレンスに参加される予定の方、これから会社内で何か

        意識改革を進めたいが、何から始めたら良いかを知りたい方には、参考になる

        情報が沢山含まれています。

         

         さて、欧米企業では、これらの人材マネジメントの各種の意識改革プロジェクト

        は、HRプロが中心に進めることになりますが、その核となるべき挑戦的な人材を

        認定するSHRM CP/SCP HRプロ認定が進み、すでに米国には、10万名のHRプロ

        誕生しました。

         日本では、まだ一名しかいないこともあり、JSHRMの自主運営研究会のSHRM

        コンピテンシー研究会では、最新の人材マネジメントの動向を学び、SHRM CP/SCP

        HRプロの養成を進めています。

         人材マネジメントの基本をキチンと理解するため、その基礎用語やショート

        ケースによる意識改革の取組方の基本原則をわかりやすく学ぶ絶好の機会に

        なります。

         皆さんの人材マネジメント関連の基礎学習の理解に役立ててください。

         なお、6月12日(月)のSHRM2017コンファレンス事前勉強会は、

         19:00から渋谷の日本生産性本部にて、SHRMコンピテンシー研究会は、

        6月10日(土)15:00から、株式会社スマートビジョンの自由が丘本社

        (自由が丘駅徒歩10分)セミナールームにて行います。

         

         なお、戦略的人材マネジメント研究会の過去の活動概要は、下記のブログから

        もご覧になれます。

          http://workshop.lpfrontline.com

         また、SHRMコンピテンシー研究会のブログは、下記ですので、ご覧ください。

           http://shrmcompetency.lpfrontline.com

          

          これら2つの研究会は、会社の意識改革を強力に進めたい方には、大変役立つ

        内容です。

          気楽に参加すると、これからやるべき多くのことに気づくことでしょう。

          大勢の方の参加を、お待ちしています。

         

        第18−20回SHRMコンピテンシー研究会、人材マネジメントの基本を学ぼう!

        =======================================================================

        第18回 2017年6月10日(土)15:00−18:00

          テーマ:Organizational Effectiveness and Development

        第19回 2017年7月29日(土)15:00−18:00

          テーマ: HR Strategic planning 

        第20回  2017年8月05日(土)15:00−18:00

          テーマ: Employee Relations 

         

        会場:株式会社スマートビジョン 2階、セミナー室

        会場住所:東京都世田谷区奥沢7−48−11(自由ヶ丘駅 徒歩10分)

         

        会費: JSHRM会員 1,000円 非会員:2,000円、

            参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp 

               FAX 03-5858-6931まで連絡下さい。

        ******************************************************

        日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員

        SHRMコンピテンシー研究会 代表世話人

        戦略的人材マネジメント研究会 代表世話人

        戦略的人財マネジメントセンター 代表

        株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋

        電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931

        会社サイト:http://www.smartvision.co.jp

        研究会ブログ:http://workshop.lpfrontline.com

        ******************************************************

         

        posted by: hiroishikawa7 | 第18回SHRMコンピテンシー研究会開催案内 | 10:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        第18−20回SHRMコンピテンシー研究会開催案内  人材マネジメントの基本を学ぼう!
        0

          SHRMコンピテンシー研究会の皆様

           

           多くの企業でも「働き方改革」が徐々に進みつつあります。

           この働き方改革は、従来のしがらみにとらわれない形で、ミレニアル

          世代(22-37歳)等の若い世代が働きやすい職場環境を作り出す運動でも

          あります。

           例えば、Work from anywhere and anytime(通称WAA) の改革にしても、

          ミレニアル(22-37歳)世代が如何に働きやすい職場を実現するかで

          始まった活動です。彼らの理解と協力がなければ、進みませんし、彼ら

          が受け入れれば、すぐに職場に定着します。

           GE等の企業が昨年頃から、ランクづけを止めて、そのかわりに導入した

          リアルタイム フィードバックの仕組みもミレニアル世代にどううけいれ

          られるかを当初より綿密に計画されたもので、すでに、多くの企業で、

          大多数の若手に好意的に受け取られ、理解の促進に、役立っています。

           これからの企業では、その中心となる人材の多くが、すでにミレニアル

          人材(22-37歳)に分布しており、彼らが働きやすい環境をいかにして作り

          出せるかどうかが鍵になり、そのために、最新のデジタル  デバイスを活用

          した効果的な人材マネジメント手法として、グーグルが熱心に導入した人の

          動きや心理を科学的に分析して、より合理的な判断に活用するPeople 

          analytics手法が注目されています。

           次回の戦略的人材マネジメント研究会では、最新のグローバル人材マネジメ

          ント動向を振り返りながら、6月18−22日に、米国ニューオルリンズにて

          開催される世界最大の人材マネジメント関係者のネットワーク組織、人材マネ

          ジメント協会SHRM(会員約30万名)の年次コンファレンスでは、グーグル

          元SVP of People Operations, Mr. Laszlo Bockの基調講演が予定され、

          その他数名のPeople analytics専門家の講演が行なわれます。

           

           次回6月12日の戦略的人材マネジメント研究会では、2017 Global Human 

          Capital Trendsにも掲載された今年のグローバル人財マネジメントの流れを、

          まず振り返り、その理解のもとに、SHRM2017コンファレンスの見どころを

          探ります。

           今年のSHRMコンファレンスに参加される予定の方、これから会社内で

          何か意識改革を進めたいが、何から始めたら良いかを知りたい方には、

          参考になる情報が沢山含まれています。

           

           さて、欧米企業では、これらの人材マネジメントの各種の意識改革プロジ

          ェクトは、HRプロが中心に進めることになりますが、その核となるべき人材

          として、SHRM CP/SCP HRプロの認定が進んでおり、すでに米国には、約

          10万人のHRプロが誕生しました。

           日本では、まだ一名しかいないこともあり、JSHRMの自主運営研究会の

          SHRMコンピテンシー研究会では、最新の人材マネジメントの動向を学び、

          SHRM CP/SCP HRプロの養成を進めています。

           人材マネジメントの基本をキチンと理解するため、その基礎用語やショート

          ケースによる意識改革の取組方の基本原則をわかりやすく学ぶ絶好の機会です。

           皆さんの人材マネジメント関連の基礎学習の理解に役立ててください。

           なお、6月12日(月)のSHRM2017コンファレンス事前勉強会は、

          19:00から渋谷の日本生産性本部にて、SHRMコンピテンシー研究会は、

          6月10日(土)15:00から、株式会社スマートビジョンの自由が丘本社

          (自由が丘駅徒歩10分)セミナールームにて行います。

           

           なお、戦略的人材マネジメント研究会の過去の活動概要は、下記のブログから

          もご覧になれます。

            http://workshop.lpfrontline.com

           また、SHRMコンピテンシー研究会のブログは、下記ですので、ご覧ください。

           http://shrmcompetency.lpfrontline.com

           

             これら2つの研究会は、会社の意識改革を強力に進めたいと考えている方には、

          大変役立つと内容です。

           気楽に参加すると、これからやるべきことの多くに気づくことでしょう。

           大勢の方の参加を、お待ちしています。

           

           

          第18−20回SHRMコンピテンシー研究会人材マネジメントの基本を学ぼう!

          =============================================================

          第18回 2017年6月10日(土)15:00−18:00

           テーマ:Organizational Effectiveness and Development

          第19回 2017年7月29日(土)15:00−18:00

             テーマ: HR Strategic planning 

          第20回   2017年8月05日(土)15:00−18:00

             テーマ:Employee Relations 

           

          会場:株式会社スマートビジョン 2階、セミナー室

          会場住所:東京都世田谷区奥沢7−48−11

               東急東横線 自由が丘駅、大井町線 九品仏駅から徒歩10

          会費: JSHRM会員 1,000円 非会員:2,000円、

             参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp 
             FAX 03-5858-6931まで連絡下さい。

          ******************************************************

          日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員

          SHRMコンピテンシー研究会 代表世話人
          戦略的人材マネジメント研究会 代表世話人

          戦略的人財マネジメントセンター 代表
          株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋
          電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931
          会社サイト:http://www.smartvision.co.jp
          研究会ブログ:http://workshop.lpfrontline.com
          ******************************************************

           

          posted by: hiroishikawa7 | 第18回SHRMコンピテンシー研究会開催案内 | 10:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          第14-18回 SHRMコンピテンシー研究会 グローバルHRプロを目指す方、他の仲間と協力して、道を切り開こうではありませんか!
          0

            JUGEMテーマ:人事プロ(HR Professional)

             

            SHRMコンピテンシー研究会の皆さん

            グローバルHRプロを目指す方、

            これから人事のプロとして、広く世界で活躍したいと思っている方に!

             

             1月14日のSHRMコンピテンシー研究会の終了後、新年会を自由が丘駅近くの

            炉端と和食の「土風炉」(自由が丘店)にて行いました。

             新規参加予定者も含め、6名の参加され、色々な苦労話などもでて、大変楽しい

            ひとときでした。

             

             子育ても一段落したので、これから新しい挑戦に挑んでみたいと言う方も

            おり、人生色々です。

             そういう私も、還暦を遥かに超えた年ながら、グローバルHRプロに挑戦して

            ますので、同じ様なものですが。

             欧米諸国では、ミレニアル世代(22〜37歳)の社員にどう対応したら良い

            かが、大きな課題になっています。このような時程、グローバル企業での課題

            を知り、会員の皆さんと話しをする機会は、大変貴重になります。

             また、ダイバシティー(多様性)の問題にしても、欧米企業では、これをどう

            克服しようと真剣に考えている所や、テロ対策を理由に、自国中心的な発想が

            当然のこととして語られ、差別的発想の人が増えているのも、現実です。

             その端的な現象が、毎日の様に、注目を集めるトランプ現象の中に、垣間みる

            ことができます。

             このような問題が表面化する時代ですから、これにどう対処するべきか、

            グローバルHRプロの必要性が一層高まります。

             如何にして、テロから、自分の身を守るためという理由で、自国優先的な発想

            が高まり、排外的な対策がまかり通ろうしています。

             現実は、外から来た移民がテロを起こすより、自国内で育った不満分子が、

            テロ化しているのです。

             だからこそ、社会や組織内での文化の融合を実現するリーダーとしての、

            グローバルHRプロの存在は、欧米社会や欧米企業、更には、日本のグローバル

            企業でも、一層その必要性が高まります。

             米国では、すでに、約10万名のグローバルHRプロが認定されており、

            この輪を広くグローバル世界やグローバル企業にも広げようとしています。

             そのためのHRプロ認定の合格基準の改訂が、次回の5月以降のHRプロ認定

            から、実施されることになりました。海外からの挑戦者も、合格し易くなる

            配慮がなされました。

             日本からの合格者は、まだ少ないこともあり、皆さんが合格すれば、グロー

            バル世界、グローバル企業からも注目されることになります。

             そのためには、何も、欧米の大学に留学する必要もありません。

             ここ東京でグローバルHRプロの認定試験に挑戦できます。

             SHRMで考えている基本的概念を理解し、最新の手法を身につければ、到達可能

            です。

             ただ、一人でオンライン アセスメント学習をしていても、成長や理解の限界

            があり、相当部分は、経験者から得られる「知恵」が役に立つのです。

             

             皆さんも、SHRMコンピテンシー研究会の仲間と協力して、学んでいこうでは

            ありませんか!

             最初は、一見とっつき難い点もありますが、他の方の成長する姿を見ていく

            ことで、少し頑張れば、追いつき、追い越せるものだと感じる様になります。

             

             少し、皆さんが学習している所を見て見たいと思う方、是非、SHRMコン

            ピテンシー研究会に参加下さい。

             色々のノウハウを学ぶことができますので、この考え方を身につけて、オン

            ライン アセスメントに体験してから、実際にテストに挑戦することで道は

            開かれます。

             SHRM CP/SCP認定を取得して、職場で注目され、期待される存在に

            なりたい方は、SHRM CP/SCP HRプロ認定を取得して、将来の挑戦の機会を

            広げようではありませんか!

             

            第14回SHRMコンピテンシー研究会

            SHRM SCP HRプロ認定 合格ためのPreferred講座 その4

            ===================================================================

            開催予定:2017年2月25日(土)15:00−18:00

             

            15:00-15:20  初めて参加の方の紹介

            15:20-15:50   SHRM CP/SCP 受験体験報告

            15:50-16:40  SHRM 2017 Learning System、これだけは、知っておきたいこと

                   その4 Talent Acquisition & Retention

                   年末に挑戦される方、必見です! 

                   報告者: JSHRM 執行役員 石川 洋

            16:50-17:50   SHRM SCP HRプロ認定 Preferred講座

                    第4弾:Talent Acquisition & Retention    

                   報告者: SHRM SCP HRプロ 松下 尚史 氏

            17:50-18:00  次回の研究会

             

            第15回SHRMコンピテンシー研究会

            開催予定:2017年3月11日(土)15:00−18:00

              テーマ:Employee Engagement

            第16回SHRMコンピテンシー研究会

            開催予定:2017年4月15日(土)15:00−18:00

              テーマ:Structure of HR function

            第17回SHRMコンピテンシー研究会

            開催予定:2017年5月20日(土)15:00−18:00

              テーマ:Total Rewards

            第18回SHRMコンピテンシー研究会

            開催予定:2017年6月10日(土)15:00−18:00

              テーマ:Organizational Effectiveness & Development

             

            会    場: 株式会社スマートビジョン2階セミナー室

            会場住所:〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7ー48ー11

            アクセス:東急東横線、大井町線、自由が丘駅 徒歩10分 

                 東急大井町線 九品仏駅 徒歩7分 世田谷区立八幡中学正門前

                 自由が丘駅から、駒沢公園行き東急コーチで1駅目下車、八幡中学

                 正門前まで徒歩2分です。向かって右側の会社玄関のインターフォン

                 を使って、呼び出しください。

                 緊急時には、こちらにTEL:03-6432-2985

                 http://www.mapion.co.jp/address/13112/8:7:48:9/

             

            会費: JSHRM会員 1,000円 お試し参加:2,000

               尚、JSHRM会員が原則ですが、最初の1回のみ、お試し参加もできます。

               参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp

               FAX 03-5858-6931まで連絡下さい。

            ******************************************************

            日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員

            戦略的人材マネジメント研究会、

            SHRMコンピテンシー研究会 代表世話人

            戦略的人財マネジメントセンター 代表

            国際メンタリング&コーチングセンター 代表

            株式会社スマートビジョン 代表取締役       石 川  洋

            電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931

            会社サイト:http://www.smartvision.co.jp

            研究会ブログ:http://shrmcompetency.lpfrontline.com

            ******************************************************

             

            posted by: hiroishikawa7 | 第14回SHRMコンピテンシー研究会 | 09:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |